カワダのミニアイロンビーズ「ナノビーズ」の使用感レポート

どうもどうもirongamesです。

私がアイロンビーズ作品を作成する際は「ミニヒューズビーズ」を使用することが多いのですが、先日公開した作品「ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド」の「リーバル」は色の都合上、「ナノビーズ」を部分的に使いました。

せっかくなので、ナノビーズ24色セットも一緒に購入し、ちょっと使ってみたので、使ってみての感想を書いておこうと思います。

ナノビーズ24色セットがこちら。ビーズはこんなかんじ。

まず感じたのは、「ミニヒューズビーズにくらべてつるつる!」ということ。ピンセットで外側から挟むように掴む際にすべってしまうことがミニヒューズビーズよりも多かったです。ピンセットの一端をビーズの穴にいれてつまむのが良いと思います。

あと、「固い!」です。ミニヒューズビーズはソフトタイプなのでそれと比べると固いのは当たり前なのですが、実物触ってみて改めて固さを感じました。ミニヒューズビーズはなんというか触感としてゴムっぽさがちょっとあるのですが、ナノビーズはプラスチック!っていう感じで、たたくと出る音は「カチカチッ」という感じ(伝わるかなあ…)。

直径2.6mmということだったので、あえてナノビーズのビーズ並べ用のプレートは買わず、ミニヒューズビーズのプレートを使用しましたが、特に何の問題もありませんでした。

ミニヒューズビーズのプレートにナノビーズを並べた様子がこちら。作品はマインクラフトのクリーパー様。マインクラフト作品の数がそろえばまた紹介します。

アイロン時もミニヒューズビーズ購入時にピクセルピコ様からいただけたシートを敷いてアイロンしましたが、これも問題なし。

出来上がりの固い質感がミニヒューズビーズになれていた私にとっては新鮮。個人的にはあまり挑戦したことはないのですが、立体を組むならばナノビーズのほうが向いているのではないかと感じました。

今後もナノビーズ、ミニヒューズビーズどちらもいろいろ試して行こうと思っております。

irongamesでした。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)