気になる商品 ナノブロックよりも小さい「プラモブロック」

どうもどうもirongamesです。

購入には至っていないのですが以前から気になっている商品があります。

「プラモブロック」というもの。

こんな作品が作れるようです。
レゴブロックのものすごく小さい版といったところでしょうか。

この商品の魅力は小ささ。1マスの縦・横・高さ(ポッチを除いた平面部分)が 2.5×2.5×2.5mm とのこと。
小さなブロックでは第一人者?のナノブロックが 4×4×3mm。ナノブロックは持っていて、最初に触ったときにはその小ささに感動したものですが、それより更に小さい。
更なる感動が待っているかもしれません。

また、平面部分が正方形というのも魅力。
ナノブロックの平面部分は4×3mmになるので、ドット絵の図案をそのままナノブロックで組み立てるとちょっと横長になってしまうんですよね。
プラモブロックではドット絵図案がそのまま使えそう。

ただ、購入に関して不安な部分も。
プラモブロックのサイトの情報を見ると、最初から強く押し込むと外れにくくなるので、位置を決めてから強く押し込んで作る、と書いてあります。
ということは、「組み立てたものをまたバラして使う」という前提のものではないのかなと。
「プラモ」ブロックなのでプラモデルと思えばそういうものかな、とも思いますが、試行錯誤が難しそう。
事前にvoxel的な3Dドット絵ソフトやナノブロックで試作品を作ってからプラモブロックに取り掛かる、というような段階を踏まなければいけなさそうな予感がします。

また、「公式直販サイト Kit Box」のサイトを開くと、3か月更新していないために出る広告が出てきたりして、サイトの更新がされていない感じなのも不安になる要素。
公式のTwitterは更新されているので大丈夫とは思いますけど…
Amazonで見てみると在庫わずかの表示も多いので、買ってハマったあとに手に入らなくなるのも怖いなと思ったりもしてしまいます。

あとは性格的に、買うなら全色全大きさのブロックをいったん手に入れたいタイプなので、そうなると大きな出費が予想されます…
こじんまりしたドット絵おもちゃなんて私の属性にピッタリなので、プラモブロック沼に引きずり込まれてしまいそうな怖さも。

気力と財布と相談しながらプラモブロック購入検討中のirongamesでした。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)