アイロンビーズ 「100マスで名作 ロードランナー」

どうもどうもirongamesです。

今回からアイロンビーズ作品新シリーズを始めていきたいと思います!
さっそく作品紹介!

ファミコン版ロードランナーの主人公、ロードランナーと、敵のロボットです。

このたびのシリーズは、「100マスで名作」と題して、1キャラの図案を基本10×10の100マスのなかで作る、ということをテーマにしております。
このシリーズでは、作品を立てて飾れる形にしていこうと思っています。
なお、作品を立てるにあたり、今回は固めの作品の作成が可能な「ナノビーズ」を使用しています。

ナノビーズで10×10の作品を作ると、大きさはワンコインくらいでしょうか。

100円玉よりちょっと大きい程度。うーんこぢんまり。

作品を立てるため、土台となるパーツも作成しています。

透明パーツはアイロンがけの際に溶け具合が見にくいので作成難しかったです…

黒の土台も作ってみましたが、こんな感じ。

私の作風の場合、土台が黒より透明の方がキャラが映えるので、土台は透明で作っていこうと思います。作るの大変なのでつらいですけどしょうがない。

ちなみに、ただ本体と土台を組み合わせただけだとグラグラしたり、まっすぐ立たなかったりします。なので、土台下に「ひっつき虫」をくっつけています。

ねり消しみたいなものですね。これでだいぶ安定します。

題材はおそらくファミコンゲームが多くなると予想されますが、それ以外のゲームやゲーム以外のジャンルも可能性があれば作品化していこうかな、なんて考えています。

irongamesでした。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)